17,18 Sep. Obuse Nagano

Start content

2017 Slackline World Cup Japan【FULL COMBO】

 

2017スラックラインワールドカップジャパン「フルコンボ」開催の御礼

9/17~18、小布施町総合公園で行われた、2017スラックラインワールドカップジャパン「フルコンボ」が、全日程を予定通り無事終了しました。

心配された台風の影響はほとんど無く、挙行できましたことをここにご報告いたします。

協賛各社、後援企業、選手、大会を支え運営、応援して下さった皆様、会場に足を運んでくださった多くの観客の皆様など、今大会にそれぞれの立場で関わってくださった全ての皆様に心から深く感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

 アジア初のスラックラインワールドカップは、小布施町を舞台に、代理店を通さず、実行委員会組織で一から手作りしました。
近隣住民はじめ、ご来場の皆様、大会関係者の皆様にもご不便やご迷惑をおかけした点が多々ございました。
この場をお借りしてお詫び申し上げます。

今回の課題を糧に、次回のスラックラインワールドカップジャパンが、更に多くの方々に関心を持っていただき、応援していただけるよう、気持ち新たに準備を進めてまいります。

どうか、今後とも、代わらぬご支援、ご指導、応援を賜りたく何卒よろしくお願い申し上げます。

スラックラインワールドカップジャパン「フルコンボ」
実行委員長 林 映寿

09月22日 17:13

フルコンボ協賛各社へ出すお礼状を作成しています。感謝の気持ちをしっかりお届けすべく、まだまだ事務局メンバーの仕事は終わりません。

09月21日 11:42

大会当日の雰囲気が少しでも伝わればと思いアップさせて頂きます!
(アップロードの模索版で手探りで申し訳ありません!
 この度のようにウォールに直接の形式が良いか、アルバム形式が良いかも現在模索中です)

2017 Slackline World Cup Japan【FULLCOMBO】
沢山の皆様のご来場を頂き、おかげさまで大変賑やかに催すことができました!

誠にありがとうございました!

運営スタッフも、残務&これからが正念場とお仕事は山ほど残っていますが、まずはココで一区切りとして気分転換!

当日の写真などを整理しながら、ほんの少しだけ余韻に浸ったりもしております。

今回は、ド素人カメラマンスタッフ による当日の様子のお写真を少しずつアップさせて頂きたいと思います~!

ちなみに、大会当日、スタッフシャツを着こなし(そこ。パツパツとか言わない)、カメラ片手に会場をあっちこっちと動き回っていたメガネの人を見かけたら・・・それ私です!
(ライン上を舞わないスタッフ(!?)の名を欲しいままにしております)

当日は選手たちの白熱の演技に観客の皆さまも釘付けでした!

交代の際に、お互いを讃え合うように手を交わし合う姿が、個人的には大好きです!

皆さまも、是非、大会時に撮影された素敵な写真の数々を公開頂けたら嬉しいです!
(今後、投稿共有する方法などなど、きもちよくつながれる方法を模索したいです!)

これからも少しずつ、アップしていきたいと思いますので、どうかよろしくお願いします!

プロではないので拙い上に撮影箇所も限られてしまい、かたよりも多いですが、是非ご自分が写っていないか探してみてくださいね!

そしてそして、もし、写っているお友達がいたら、是非教えて差し上げて下さい~!

みんなで思い出を共有できるきっかけになれば嬉しいです!!

どうか、よろしくお願いいたします!

=======================

この大会で得た経験などを大きな糧として、今後もより一層、このスラックラインというスポーツの振興と発展に、実行委員会ならびに関係者一同一丸となって努めてまいりたく存じますので、どうか引き続き、温かなご理解とご支援の程、心よりお願いを申し上げます。

=======================

2017スラックラインワールドカップジャパン
2017.09/16.17.18 小布施ハイウェイオアシス(小布施総合公園)於

09月21日 08:30

東京から仲間達と生の世界最高峰の技を観戦!
でもやっぱり子ども達は笑

素敵な虹も🌈見れて最高の2日間でしたありがとうございました(^ ^)

写真が一枚しか上げられないみたいです

スラックラインとは

スラックラインは、10年前に誕生したニュースポーツです。競技者はわずか5cmのライン上でアクロバティックな技を展開し、その難易度や技の美しさを競い合います。近年はライン上での静止・歩行が体幹やバランス強化に役立つことがスポーツや医療の分野でも注目されており、その気軽さから老若男女が親しめるスポーツとして、日本ではもちろん世界80カ国約300万人が愛好していると言われています。

スラックラインとは

詳細を見る

概要・スケジュール

詳細を見る

出場条件について

詳細を見る

出場選手一覧

詳細を見る

宿紹介

詳細を見る
PAGE TOP